社会貢献活動

チャイルド・スポンサーシップ

まだ記憶に新しい東日本大震災。私たちはお互いを支え合う大切さを知りました。
そして、まだまだ私たちの知らない国や地域で貧困、紛争、飢餓、災害などで自らの力ではどうにもならない子どもたちがいることも知りました。
私たち株式会社シンシアは、国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンの ”何か”はきっとできるはず 活動理念に共感し、チャイルド・スポンサーシップに参加しています。

チャイルド・スポンサーシップとは

世界の子どもたちの現状

今、世界では約7,500万人の子どもが学校に通うことができずにいます。
防げる病気で亡くなる5歳以下の子どもは年間約920万人、
親をエイズで失った子どもは約1,500万人にも及びます。
チャイルド・スポンサーシップとは、子どもたちが健やかに成長し、教育を受け、やがては地域が自立できるよう、子どもと交流をしながら、地域に根ざした貧困を解決する開発援助を支援しています。
子供1人あたり、ペットボトル1本分、一日あたり150円、月々4,500円の支援で、教育・保健衛生・水資源開発・経済開発・農業など継続的な支援活動を行い、地域の過酷な状況を変え、子どもの人生を変えます。
私たち株式会社シンシアは、ワールド・ビジョンの、チャイルド・スポンサーシップを通して、子どもたちの住む地域の貧困解決を目指した活動支援に参加し、世界364万人の子どもたちに、希望と変革を届ける手助けをしていきます。

シンシアが支援する地域と子どもたち

7カ国27人が暮らす子どもたちの地域へ

シンシア社員ひとりひとりがインド、カンボジア、タイ、ネパール、ベトナム、フィリピン、ミャンマーに暮らす27人の子どもたちと交流しています。